読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【WS】クローネ試行錯誤【フルボッコ】

調子に乗るって良くない。最近再確認しましたラセンです。

忙しくてなかなかブログに手出せてませんが、今日はクローネの試行錯誤を語ろうかと。

 

【クローネを知らない人への解説】

クローネとは、シンデレラガールズの「Project:Krone」ネームを軸としたデッキのことである。「Project:Krone 文香」の豪快な逆圧縮で勝利を狙う。

以上。

             f:id:rasennamekuji:20161211225628j:plain

 

最近デレマスを集中的に回しています。特にクローネは回しやすく詰めも強いのでよく回していました。ところが、ちばりよさんのまどマギと何度も対面しているうちにこのデッキの弱点を改めて思い知ることとなりました。それが「連動のタイミング」です。

大体のデッキはレベル3の連動CX・キャラを握ってレベル3に備えることが多いですよね? もちろん自分も本・文香2、3枚を握ってレベル3の準備をしていました。しかしちばりよさんは立ち集中+擬似リフを組み合わせて控えを空にしてターンを返してくるのです。仕方がないので連動は一旦保留にして文香や他のキャラを出して殴るしかなく、結果として7戻りで連動を抱えたまま敗北することがパターン化してしまいました。

この時点で自分のデッキは詰めを文香のみにしていたため、ここから相手の動きにどう対策するかを自分なりに練ってみました。

そのⅠ:バーンを入れる

というわけで、まずは智絵里バーンを入れてみました。フレデリカが赤なので、自然に採用できるかと思ってです。しかし、トップチェックが不確定かつ、失敗した時のコストのロスが大きいのが気になりました。このデッキは意識しないとストックが貯まりにくく、仮に失敗したら次のターンに文香連動まで持っていく・もしくはそのターンで決めるのは難しくなります。バーンは確定ですが、同じ理由で響子ちゃんも採用を見送りました。

そのⅡ:擬似連パンを入れる

デレマスで最もメジャーな詰め、アナスタシア。こちらも採用を考えてみました。色が一致し、リバースできれば効果が使えるのでそんなに心配はないかなと起用したところ、穴だらけでした。邂逅で殴ったところで打点が足りず、またレベル応援なしでは十分なパワーを発揮することができませんでした。これを克服するためレベル3美波を採用しましたが、この二体がストックを食うこと・相手の山削りがうまく行かなかった場合に即座に文香に切り替えにくいことが使いづらさを感じさせました。というわけでこちらも不採用に。

ここまでが先週のショップ大会まで。

 

そのⅢ:そもそもレベル3を変えない

「では、相手の控え室が豊富になるまで待てばよいのでは?」という結論に。そこで、レベル3美波を続投し、文香を12000で維持することに。結果、カウンター込みで14000を作り出し生半可なレベル3を弾くことができました。また、唯のソウルパンプを利用しても相手に圧力をかけられるのでストックを貯めつつ相手の余力を削るのが効果的だとようやく思い至りました。そこで、本対応を引きに行きつつ3000パンプを触れる「封印されし魔導書」を入れると展開の自由度が格段に広がりました。

 

また後日、構築を精査して分析の記事書きたいと思います。

今日は眠いのでこの辺で! おやしみ